(社)香川県薬剤師会検査センター

 業 務 内 容
▼医薬品 ▼飲み水 ▼プール ▼浴槽水 ▼簡易専用水道
▼水道用機材 ▼食品 ▼農薬 ▼貝毒・フグ毒 ▼土壌
▼河川・工場排水 ▼産業廃棄物 ▼温泉水 ▼シックハウス ▼放射性物質
▼衛生検査 ▼その他 ▼依頼書一覧 ▼リンク集 ▼パンフレット

■浴槽水の衛生管理

近年、浴槽水が原因でレジオネラに感染した事例が発生し衛生管理を適正に行うことが求められています。管理者はレジオネラ症の発生を防止し、利用者が安心して入浴出来る様に衛生管理を徹底しなくてはなりません。


■レジオネラについて


<レジオネラ属菌とは>

自然界の土壌と淡水に生息する菌であり、一般に20〜50℃前後で繁殖します。
アメーバなどの原生動物の体内で増殖するため、これらの生物が生息する生物膜(バイオフィルム)の内部に保護されています。


<レジオネラ感染とは>

レジオネラ属菌の感染によりおこる疾患をレジオネラ症といい、レジオネラ肺炎と自然治癒型のポンティアック熱の2つの病型があります。
感染源としては給水・給湯設備、冷却塔水、循環式浴槽、加湿器、水景施設、蓄熱槽等が報告されており、感染経路として汚染水のエアロゾルの吸入のほか、汚染水の吸引、嚥下・経口感染等が考えられます。(新版レジオネラ症防止指針より抜粋)


■浴槽水基準(香川県)

浴槽水
原水
1.色度
5度以下
2.濁度 5度以下 2度以下
3.水素イオン濃度
5.8以上8.6以下
4.有機物等
(過マンガン酸カリウム消費量)
25mg/以下 10mg/以下
5.大腸菌群 1個/m以下 50m中に検出されないこと。
6.レジオネラ属菌 検出されないこと。
(10CFU/100m未満)
検出されないこと。
(10CFU/100m未満)
水質検査の頻度
湯水の区分
塩素消毒
水質検査の頻度
浴槽水(4項目) 連続使用循環水 あり 1年に2回以上
なし 1年に4回以上
上記以外
(毎日換水・かけ流し)
あり 1年に1回以上
なし 1年に4回以上
原水(6項目) 水道水
水道水以外(温泉水・井戸水など) 1年に1回以上

「公衆浴場に対する措置の基準等に関する条例」(昭和28年3月31日香川県条例第25号)
「香川県旅館業営業施設の措置の基準等に関する条例」(昭和33年3月20日香川県条例第2号)

・ 受付場所 検査センター受付(薬剤師会館 3F)
・ 検査料金 検査料金は検査項目によって異なります。お問い合わせください。

検査依頼書のダウンロードはこちら >> (pdf) (xls) ※記入例

(一社)香川県薬剤師会検査センター

電話 087-834-5145
FAX 087-837-7901
E-mail kensa@kagayaku.jp


《戻る》
Copyright 2002 Kagawa Pharmaceutical Association All Righs Reserved