(社)香川県薬剤師会検査センター

 業 務 内 容
▼医薬品 ▼飲み水 ▼プール ▼浴槽水 ▼簡易専用水道
▼水道用機材 ▼食品 ▼農薬 ▼貝毒・フグ毒 ▼土壌
▼河川・工場排水 ▼産業廃棄物 ▼温泉水 ▼シックハウス ▼放射性物質
▼衛生検査 ▼その他 ▼依頼書一覧 ▼リンク集 ▼パンフレット

人体に直接使用する医薬品や化粧品、また医薬部外品等は、安全を確保するために厳しい品質管理が必要です。

そのために必要な試験検査は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」 施行規則第12条第1項による医薬品登録検査機関で行うことが認められています。

県内唯一の登録検査機関である当センターでは、次の試験検査を行っております。

依頼試験(随時)

医薬品、医薬部外品及び化粧品の試験検査が必要になった時に、ご依頼を受け実施する試験 検査です。

日本薬局方に基づく試験をはじめ、委託先会社の自主規格に基づく原料や製品等の試験検査 も行っております。

  計画的試験

調剤用に開封された医薬品や有効期限のある医薬品の有効成分量、溶出試験による先発・後 発医薬品の製剤学的同等性の試験等、日本薬剤師会の基本方針に基づき、年次的に計画し 試験検査を行っています。

受託可能試験方法

・ 日本薬局方
・ 日本薬局方外医薬品規格
・ 医薬部外品原料規格
・ 医薬品添加物規格
・ 化粧品種別配合成分規格
・ 衛生試験法
・ JIS規格
・ その他


試験項目

【医薬品・医薬部外品等の試験】

・ 性状試験
・ 確認試験
・ 純度試験
・ 定量試験
・ 溶出試験
・ 質量偏差試験
・ 旋光度
・ 水分
・ pH
・ 赤外吸収スペクトル
・ 乾燥減量試験
・ 強熱減量試験
・ 強熱残分試験
・ 比重
・ その他

 

【製薬用水の試験】 

 製薬用水とは、医薬品の製造、容器や設備等の洗浄に使用される水です。「常水」「精製水」 「滅菌精製水」「注射用水」です。

  @ 常水
・ 水道法第4条に基づく水質基準(51項目)
・ アンモニウム

   A 精製水
・ 有機体炭素 ・ 導電率



■定量試験

内用、外用すべての製剤について、決められた有効成分量が製剤中に含有されているかを試験します。

■純度試験

人体に有害な物(鉛、ヒ素等)が混在していないかを試験します。

■溶出試験

内用固形製剤(錠剤、カプセル等)からの有効成分の溶出性を試験するものであり、製剤の品質を確保し、著しい生物学的非同等性を防ぐことを目的としています。

■質量偏差試験

製剤の質量の偏差を含量の偏差とみなし、個々の製剤の質量を測定することにより、製剤の主約含量の均一性を推定する試験です。



 医薬品等の試験は、対象となる試験項目が多岐に渡りますので、当センターで対応可能か予  めご確認下さい。確認後、ご依頼品目、試験項目、試験方法、納期、サンプル量等の打合せを し、見積書を提出いたします。


・ 受付場所 検査センター受付(薬剤師会館 3F)
・ 検査料金 検査料金は検査項目によって異なります。お問い合わせください。

検査依頼書のダウンロードはこちら >> (pdf) (xls)

(一社)香川県薬剤師会検査センター

電話 087-834-5145
FAX 087-837-7901
E-mail kensa@kagayaku.jp


《戻る》
Copyright 2002 Kagawa Pharmaceutical Association All Righs Reserved