医 薬 品 情 報

 香川県医薬品情報 No.361


ページ

KEY

最近話題の副作用・トピックス他 1.主な使用上の注意改訂情報 (10/06/01 指示分)

2

使用上/注意改訂情報/

最近話題の副作用・トピックス他 1) 子宮収縮薬での子宮破裂等の重篤な症例が報告されていることから、それぞれの医薬品の使用上の注意に「警告」欄を設け、一層の注意喚起が図られた

2

子宮収縮薬/子宮破裂/重篤/症例/警告/注意喚起/

最近話題の副作用・トピックス他 2) 輸血による慢性鉄過剰症治療薬エクジェイド錠について、「警告」の項に、重篤な肝障害、腎障害、胃腸出血を発現し、死亡に至った例を報告 投与前・中での定期的な血清トランスアミナーゼや血清クレアチニンなどの血液検査を行うことなどを明記 また、これらの副作用が特に認められる「高度の腎機能障害のある患者」「全身状態の悪い高リスク骨髄異形成症候群の患者」「全身状態の悪い進行した悪性腫瘍の患者」を「禁忌」の項に、「血小板数1立法ミリメートルあたり5万未満の患者」「高齢者」「高リスク骨髄異形成症候群の患者」「進行した悪性腫瘍の患者」を「慎重投与」に追記するよう指示

3

輸血/慢性鉄過剰症治療薬/エクジェイド/警告/重篤な肝障害/腎障害/胃腸出血/死亡/高齢者/高リスク/骨髄異形成症候群/進行した悪性腫瘍/慎重投与/

最近話題の副作用・トピックス他 3) コルヒチン錠について、肝代謝酵素CYP3A4を強く阻害する薬剤やP糖蛋白を阻害する薬剤との併用との注意などを促す添付文書を指示。限度量を3〜4r→1.8rへ変更

3

コルヒチン錠/肝代謝酵素/CYP3A4/P糖蛋白/阻害/薬剤/併用/

最近話題の副作用・トピックス他 4) 卵胞ホルモン剤または黄体ホルモン剤の長期連用による乳癌・子宮筋腫・前立腺癌に対する注意喚起

4

卵胞ホルモン剤/黄体ホルモン剤/長期連用/乳癌/子宮筋腫/前立腺癌/注意喚起/

最近話題の副作用・トピックス他 5) ビスホスホネートの顎骨壊死についてさらに注意喚起

5

ビスホスホネート/顎骨壊死/注意喚起/

最近話題の副作用・トピックス他 6) 重大な副作用欄の改訂として、▽ラシックスに中毒性表皮壊死融解症TEN、多形紅斑▽レメロンに皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑▽ガスターに血小板減少症▽ランデルにショックを加えて注意喚起する

2

重大/副作用/ラシックス/中毒性表皮壊死融解症//多形紅斑/レメロン/皮膚粘膜眼症候群/多形紅斑/ガスター/血小板減少症/ランデル/ショック/

最近話題の副作用・トピックス他 7) コデイン配合の一般薬に、長期服用、過量服用をしてはいけないと記載

6

コデイン配合/一般薬/長期服用/過量服用/

最近話題の副作用・トピックス他 2.米FDA

6

米FDA/

最近話題の副作用・トピックス他 1) プロピルチオウラシル:重度肝障害に関する枠組み警告を追加。患者向け医薬品ガイドを患者に手渡すことを要求

6

プロピルチオウラシル/重度肝障害/患者向け医薬品ガイド/患者/手渡す/

DI実例集 質問1.抗癌剤による皮膚障害について教えてください

8

抗癌剤/皮膚障害/

話題を追って 1.血糖コントロールの指標

11

血糖コントロール/指標/

行政の窓 1.「医薬品・医療機器等安全性情報」 No. 269

14

医薬品/医療機器等/安全性情報/269/

行政の窓 2.厚生労働省通知

14

厚生労働省通知/

行政の窓 ( 1 ) ブフェキサマクを含有する医薬品の取扱いについて

14

ブフェキサマク/医薬品/取扱い/


前へ


Copyright 2002 Kagawa Pharmaceutical Association All Righs Reserved